ファンになってもらう3大原則その2~他人に興味を持つ~

んにちは!

ライブ集客コンサルタントのリョウです。

今回は3大原則の中のその2です!

まず最初に考えてみてください。

ナタは他人にいきなり興味が持てますか?

タイプの異性や憧れのミュージシャンが目の前に現れない限り

いきなり見ず知らずの人に興味を持つ事って難しいですよね?

難しいけどライブ集客のため興味を持ちましょう!

う一度言いますが

ナタ一人の力でライブ集客30人以上にできたら最高ですよね?

そのためにはある程度プライドを捨てて素直になりましょう。

じゃあはじめます!

ではその1で使ったノートの次のページにこの記事を読んだら
自分にできる事を3つ以上箇条書きしてください。

~名前を覚える、相手の趣味の話題で雑談をする~

よく自分を売り込みたくて

宣伝ばかりする人多いですが、

お客さんからすると

「見ず知らずのアマチュアバンドに興味を持つ人など滅多にいません」

フライヤーやCDを配るのはオマケ程度で相手が欲しがったら、あげるぐらいが良いんです。

かならず意識してほしいのは相手の名前をかならず覚えてください。

人間は自分の名前が人生で
ものすごく重大な単語なんです。

前を覚えてもらい、名前で呼んでもらうと

自分に興味があると思い

一気に距離が縮まります。

何がなんでも名前を覚えて呼ぶようにしましょう。

気づかれないようスマホやメモ帳などで

記録してかならず名前を覚えて下さい。

とはいえあまり人数が多いと顔と名前が一致しない人よくいらっしゃいますよね?

ちょっとした脳科学の裏ワザがあります。




その人の顔の額に名前を落書きしてあるよう想像して下さい。

これで視覚的に記憶するようできるのです

して音楽とは関係ない相手の趣味や

ライブハウスにきたキッカケなどを聞き

相手の心境に身を置き、雑談をしてさりげなく

連絡先を交換しましょう。

事なのはフライヤーなどで

QRコードやツイッターIDを宣伝するのではなく

個人で連絡先を交換しましょう。

他人⇒知り合い⇒見込み客⇒ファンへの最短ルートです。

ではメモに3つ以上箇条書きで

自分にできる事を書いてください。

例として「・道端で歩いている知らない人に興味を出す」

「・名前を覚える訓練をする」

「・自分より相手の話題を多くする」

などです。

疲れ様です!

ここまで呼んで頂きありがとうございました!

次回3大原則最後のその3です。

ゆっくり休んでからご覧下さいね!
↓↓↓
ファンになってもらう3大原則その3~お客さんリスト~



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でリョウをフォローしよう!