ファンになってもらう3大原則その3~お客さんリスト~

こんにちは!

ライブ集客コンサルタントのリョウです。

回は3大原則最後のその3ですね!

ここから実際にライブへ足を運んでもらうよう行動に出ます。

こで考えて欲しいのは自分がどう誘われたら行きたいと思うかです。

相手の立場になって想像してください。

「この前行ったライブは楽しかった。

笑顔で接してくれたし、気持ちいい空間だったし

自分の顔や名前まで覚えてくれた」

でも私生活に戻ったら

どんどん忘れていきますよね?

ナタが3大原則その2までやったものが、

その3までやっていかないと

すべてが水の泡です。

集客30人ではなく5人ぐらいでしょう。

5人でも良いと思うのなら構いませんが

多数ではなく大勢のファンを目指すならやってください。

それでは今までメモしてきたノートを用意し、

この記事を読み終えたらできる事3つ以上

箇条書きで出してみてください。

~連絡先を手に入れた一人一人にライブの誘いの
メールorチャットを送る~

くあるのが同じ文章でコピーして

一斉送信ってパターンが多いです。

しかしそれだとほとんどの場合相手に気づかれます。

一斉送信はハッキリいって手抜きです。

初はアナタもどんだけ技術があっても未熟な音楽家です。

めんどくさくても一人一人丁寧に

誘いのメールやチャットを送って下さい。

一人一人の趣味や名前などを少し話題に出しながら誘いの文章を書いて下さい。

かしそこで30人以上となれば名前はSNSやラインなどで

表示されてるので大丈夫ですが

趣味や話題などはとてもじゃ覚えてられないので

集客する上で絶対必要な武器を用意します。

帳やノートなどを一冊用意して

「お客さんリスト」

を作ってください

かならず用意してください。

こに

名前、年齢、身なり、趣味、職業、悩み、キッカケ、ライブに

きた回数など会話で得た情報やラインやSNSなどで得た情報ある限り書き出し

お客さんリストに最低100人埋まるよう目指してください

こまで理解できたアナタなら一回のライブで5人ぐらいリストに入

10回ライブをすれば50人になります。

20回ライブをして100人です。

100人誘って30人以上は来ます。

それではノートに3つ以上箇条書きで自分にできる事を書いてください

例として「・お誘いメールをする時間を作る」

「・1回のライブで3人以上連絡先を交換してリストに入れる」

などです。

以上3大原則でした。

ステップ1
今まで箇条書きで書いた1原則3個以上のものを

ノートを毎日持ち歩いて常に意識して

日常生活を送って身体になじませて下さい

わからない事、つまづいた事があったら当ブログをお気に入り登録し、読み返して下さい。

ステップ2
お客さんリストの手帳やノートを買います

ライブ会場の知らない人に声をかけ

連絡先の交換をするようにして

お客さんリストを100人目指して下さい

ステップ3
お誘いメールを送り30人以上集客できるまで3大原則を読み返して

諦めず絶対持続して下さい。

さらに集客アップのために自分なりの工夫もしましょう。

技術があるのに売れないもどかしい

想いをしているアナタならやると信じてます。

一回のライブで集客30人以上になり

アナタに夢中になり、ファンになります。


本当にお疲れ様でした!

最後まで読んで頂きありがとうございました!