【革命!】グルーヴ感を出したかったら、理論を捨てろ!?あなたは信じれますか・・・?

んにちは!

 

ライブ集客コンサルタントのリョウです。

 

今回はリズムの身に付け方について・・・・

 

とてもとても、おかしなことを言います。

 

 

「え!?そんなまさか!!?」と

 

あなたは3分後

 

僕のことを疑うでしょう。

 

 

これを理解できれば、

・アドリブセッションドラマーがとんでもない変拍子をしても

 

「あ!そこのコップ取って!」→「お、いいですよハイ!」

 

というぐらい簡単に、すぐその場で合わせることができます。

 

——————————————————

 

 

・ライブ演奏で万が一バンド内でリズムが崩れた時、

瞬時に整え修正できることが可能です。

 

 

というより・・・

リズムが崩れることはこの先ないです。

 

————————————————-

 

 

リズムの安定感や不安、

 

バンド全体のリズムやキメが合わないといった問題が

 

すべて解決されます。

 

 

 

そして・・・・・

 

 

ライブで今より100倍大迫力の演奏ができます。

もちろん、集客する上で演奏力は欠かせない要素ですので、

ライブでの集客率が大幅にアップするという、

最大のメリットになります!

 

 

 

に挑戦しないと、、、

・これからもメトロノームと向き合う毎日で、

 

根気いる練習を毎日しなければ

 

超次元のリズム感覚を習得することが

一生できません。

 

————————————————-

 

・いつまでも

 

アメリカ人より日本人はグルーヴがない!

 

という、コンプレックスにハマり、

 

一生リズムという壁を突破できません。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

・演奏技術に自信があっても、

 

日本人によくある

 

「リズム感のなさ」

 

が唯一の欠点になり、

 

 

ライブでお客さんがノリきれず、盛り上がってくれません。

結果、見込み客獲得率が上がりません・・・。

 

 

これは、集客に大きく影響します。

 

もし、集客できず客席がガラガラのままで

 

いいのなら今すぐこのページを閉じてもいいですが

 

 

もし、

 

あなたが集客率を大幅にアップしたいのなら、

 

是非聞いて頂きたいです。

 

 

では、その

 

「最高次元のとっておきの右脳覚醒ノウハウ」

 

の、全貌を公開します!

 

 

「みんなリズムがバラバラ・・・」

「メンバーの中には日によって人格が違うようにリズムが違うぞ!?」

「なんだか今日、自分リズム取れないな・・・」

 

なんてありますよね・・・。

僕もずっとずっと苦労してきました。

 

 

 

しかし、、、

 

ある「動画」と、「検証の結果」がキッカケで

 

リズムを取るという常識を、180度変わりました。

 

 

検証の結果を説明します。

 

最初に

 

「とてもとても、おかしなことを言います」

 

と、僕は言いました。

 

 

 

リズムを取るという意識を

今すぐに捨ててください

「え!?なんだよそれ!?」

と思うかもしれませんが・・・

※この動画を見てください↓↓↓

いかがでしょうか・・・?

 

 

 

高度な変拍子なのにも関わらず、

 

3人の演奏が一心同体で楽しそうに演奏していますね。

 

 

 

これはプロだからの一言では片付けられません。

 

よく、見て頂いて気づいたことありませんか?

 

 

 

この人たちリズムを数えてるように

見えますか・・・?

 

 

 

特にピアニストの「上原ひろみさん」は、、、

 

 

「リズムを取るという

概念を捨てて、

メンバーと演奏の会話して

感じるということに重点を置いてます」

 

 

 

 

マイケルジャクソンのこの名言をご存知でしょうか・・

「リズムは頭で考えるんじゃなく、

体で感じるのさ」

 

 

 

結論は、、、

 

「リズムを取るという考えを捨てて、

感じてください」

 

 

 

では、、、

 

 

この超次元のリズムを取るにはどうしたらいいでしょう・・・?

 

 

「バンドメンバー全員で協力すれば可能なんです」

 

 

ステップ1
この記事をお気に入り登録してください。

メンバーにこの記事のURLを送ってください。

動画をみてもらってください。

 

 

ステップ2

「感じる」という意識に重点を置けば、右脳神経が覚醒します。

自然体で体が動けるようにしましょう。

 

 

ステップ3

次のバンドのスタジオ練習で

「アドリブ演奏でリズムの会話をする」というテーマで

曲の練習は一切せず、バンドのグルーヴを鍛えましょう。

 

 

いいですか?

 

次のバンド練習でかならずやってください。

 

 

もし、あなたが今すぐ行動しないと、、、

・メトロノームと向き合う毎日で、

 

超次元のリズム感覚を習得することが一生できません。

 

———————————————-

 

・ライブ演奏でリズムが崩れて見失い、テンパる!恥ずかしい・・・!

 

なんて現象を、またこの先ずっと体験し、恐れてライブをすることになります。

何より、グルーヴ感がないバンドは

まったく迫力がありません。

自分の録画映像をみて、

「アレ?思ってたより違う・・・」と

なりますよね・・?

 

 

逆に今すぐ行動にうつせば、、、

・超次元で安定したリズムをとることが他のミュージシャンより

いち早く習得でき、かなりの差をつけることができます。

 

 

とにかくバンド練習が楽しくなります。

「演奏の会話」ができることはバンド向上にも繋がります。

 

 

・バンドのグルーヴ感が良くなれば、

今より100倍大迫力の演奏ができます。

 

ということは・・・

 

 

~あなたのバンドのライブ演奏でお客さんが

 

ノってくれ、圧倒され、鳥肌が立つほど興奮してもらい、

 

映画を観たあとのような「感動」を与えられます~

 

 

 

繰り返しますが、これは

ライブでの集客率が大幅にアップ

するという、

最大のメリットになります。

「やるか、やらないかは

あなた次第です」

 

以上です!

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!