自分に自信を持つ絶対の方法

んにちわ!

バンド集客コンサルタントのリョウです!

アナタはミュージシャンとして自信はありますか?
ステージ前の緊張で押しつぶされそうになったりしませんか?
心の奥底で将来失敗している自分を恐れてませんか?

ボクもステージ前の緊張でかなりの疲労を感じました。
トイレで震えてました。

もしステージ直前でも本番でも
心臓ワンドッキリもしないぐらいの自信が持てたら
いつもの練習の成果を最大限に活かせますし
何より貫禄を観客に感じさせる事ができるでしょう

とても簡単なので毎日コツコツやって訓練すればアナタも可能です。

「無敵のアナタ」を作りたくないですか???

準備はいいですか?
↓↓↓↓↓

そもそも緊張とはどこからくるんでしょう?

不安や失敗、他人からの反応ですね。

それは精神的な弱さとメンタルコントロールができてないからです。

メンタルは身体からきます。

・仁王立ちで胸を張りましょう
この動作は血行と姿勢が良くなり脳にとても良い物質を放出させます。

・「俺様or私マジ最強、雑魚共見てろ」と鏡の前や心の中で呟く

すごい乱暴で傲慢ですが、これぐらい思って良いです。
格闘家が闘い前煽りの映像でよく傲慢な発言をしますが、これは自分に自信をつけ自分を追い詰めモチベーションを上げてるんです。
むしろ「自分なんて・・・」という人間のステージの方が観客はみたくないです。

・失敗を失敗と想定しない

これはボクの持論になってしまいますが
ステージングや演奏面での失敗とは自分が失敗と思ったら失敗なんです。
アクシデントがあっても舌出して笑顔で「やっちまったぜ(笑)」みたいなリアクションの方が
ボクは絶対良いと思います。

・観客からどう思われてるかはステージ後

ステージ中は「どう思われようが関係ないよ」って考えが良いと思います。
不安を削ぎ落とすのに最高の考えですよね。
観客からの感想や表情での反応はステージ後おさらいしましょう

以上です!

もしアナタが自分に自信を持てないなら

この記事をメモして常に目の届く所に紙を貼り、明日から実践してみてください!

これらをやることで演奏技術でも人間性でもたくましくなれます。

お疲れ様です!

ここまで読んで頂きありがとうございました!