ドタキャンするお客さんの本音

んにちは!


ライブ集客コンサルタントのリョウです。

今回は「お客さんのドタキャン」についてです。

ミュージシャンをやっているアナタならかならず経験した事あると思います。

とても残念な気持ちですし、何より寂しいですよね?

「せっかく観てもらうために準備して練習してきたのに・・・」

悲しいですよね・・・・

もしアナタにドタキャンを格段に

防ぐ話術方法を習得したら集客数アップはもちろん

モチベーションを維持できます。

でもこの方法を習得しないと

当日ライブでドタキャンされ

とても悲しいあのなんとも言えない気持ちを

たくさん味わう事になります。

解決法は


ずお客さんの気持ちを知りましょう!

これは解決策を導くのに欠かせない事ですので

今からいう7つの理由をメモ帳なんかの

1ページにメモして下さい。

~お客さんがドタキャンする7つの理由~
1、誘った時、その場の雰囲気凌ぎで合わせただけや断りづらくて元々行く気がなかった

2、アナタのライブクオリティに時間を注ぐ価値がないと判断した

3、自分はお客の一人に過ぎないとそっぽ向いた

4、そのライブの日だけは自分の気分で行く気がなかっただけ

5、気候が荒れて交通がめんどくさい

6、アナタの誘い方が下手だった

7、金銭的問題

以上7つです!

はその7つ書いたメモの横に解決方法を書きましょう!

自分なりの考えで構いません。

何か改善策はないか考えてみましょう。

僕の場合は・・・
1、誘った時、その場の雰囲気凌ぎで合わせただけや断りづらくて元々行く気がなかった
⇒合わせたにせよ連絡はブロックされてはいないので、誘い続ける。

2、アナタのライブクオリティに時間を注ぐ価値がないと判断した
⇒パフォーマンスを考え直す。

3、自分はお客の一人に過ぎないとそっぽ向いた
⇒一人に過ぎません。特別扱いしないと来ないお客さんは正直負担が大きい。

4、そのライブの日だけは自分の気分で行く気がなかっただけ
⇒また続けて誘う。

5、気候が荒れて交通がめんどくさい
⇒気候が良いならくるから誘い続ける。

6、アナタの誘い方が下手だった
⇒集客方法を学ぶ。誘い方を変える。

7、金銭的問題
⇒お金を払ってくれないとファン
お客さんではないので経済的回復を待って誘い続ける。

お気づきですか?

僕の解決法は・・・・

「誘い続ける」と「演奏力」と「集客方法学習」

のたった3つです。

結論は

この3つさえ頑張れば

ドタキャンは格段に減ります。

ものすごい減ります。

1、誘い続ければいずれ来なくなるお客さんを判別できます。ブロックされるまで誘い続けましょう。

2、演奏力も衰えやメンバー同士のグルーヴの乱れもありますので技術は持続しましょう。

3、集客方法は当ブログでも、本、出来る人にアドバイスを聞くなどで永遠の課題にしましょう。


今すぐアナタ自身のために

これらを理解してもらいたいです。

この記事をお気に入り登録して

常に意識に入れてもらいたいです。

ではドタキャン解決方法でした

あのなんともいえない悲しい気持ちはなるべく防ぎましょう。

お疲れ様でした!

ここまで読んで頂きありがとうございました!