集客するための「最強の武器」とは!?

んにちは!

ライブ集客コンサルタントのリョウです。

今回は「最強の武器」です。

この武器を手に入れる事により
アナタはお客さんの数を明確にでき
さらに管理できて集客する時や誘う時でも
他のバンドマンとは10倍も速く集客できます。

最強と言ってるからには
欠かせないモノでもあり
一番集客しやすいアイテムになり
バンドの状態も把握できる凄い武器なんです。

 

これを手に入れてないとアナタは
今まで通りお客さんの人数や
ファンなのか見込み客なのか
音楽家同士のお付き合いでのライバルなのか

把握できずに終わってしまい
自分のバンドの状態を把握できず
最悪解散やファン離れの連続に
落とし込められるでしょう。

 

「最強の武器」を使った事により僕は
集客率が上がる最初のキッカケとなりました。
この武器を他のバンドリーダーに教えたら
そのバンドも集客率を上げていました。

その「最強の武器」とは・・・・


「お客さんリスト」です。

はライブ時やお誘いメールをする時
ノートとペンを用意し
顧客リストのようにデータ化し
お客さんの数や集客率を把握してました。

アナタも今から「バンド専用のノートとペン」を用意して
ノートの表紙に「お客さんリスト」とか「ファンリスト」
書いて「最強の武器」を最大限に活用して下さい。

用意できましたら書き出し方をご覧下さい。



データの取り方は

お誘いメッセージの時に
交換したお客さんの連絡先をノートに
書き出して下さい。

ツイッター、フェイスブック、ラインなど
別れていたらカテゴリ分けしましょう。

返信メッセージがきたら
○△×□をつけます。

これは返事によって使い分けるのですが
○・・・来てくれると断言した人
△・・・仕事や用事などで曖昧な人
×・・・返事なし、来れないと確定した人
□・・・また誘ってほしいと言ってくれた人

そしてライブをするときは
1ページ1ページ毎回やってください

そして誘った回数と来た回数を
書いてください。
5回誘って4回きたなら
5/4などと書きます。

これを見ながら反省点や改善点
良かった点などを
余った余白に書いてみましょう。

ちょっと細かい作業ですが
バンドを成功させて大勢の前で
歓声を浴びて演奏したいなら
下準備をかならず徹底して下さい。

「書く」という作業は心理的に考えてる事を整理し
「表を作る」事によって自分のバンドのお客さんの数を把握し
少なくなれば改善するときだと気づきます。
多くなれば多くなった理由を突き詰めました。

コレをもっと早くやってればと後悔したのを
僕は覚えています。
自分と大勢のお客さんの状態を把握し
バンドの人気度を把握できるからです。

これをやるのとやらないのとでは
集客数30人以上の壁を突破できません。

これを持続できたらアナタは
かならず集客30人以上できます。

お疲れ様でした!

今回もここまで読んで頂きありがとうございました!