アンケートは書かせない方が良い!?

んにちは!

ライブ集客コンサルタントのリョウです。

今回は「アンケートを書かせるべきか?書かせないべきか?」

アンケートを利用する方法をしっかり理解しないと
アナタのバンドは

「ウザい」

「好きか」

ハッキリ分かれます。

「アンケート」は色んなバンドがやっていて王道です。

自分達がどう思われてるかを知りたくて

お客さんから意見をきくためにやるものですね。 



 

しかし、アンケート自体は良いのですが

ちょっとした「勘違い」をしているバンドが多いんです。


わかります!

アンケート自体はとても素晴らしい発想であり

バンドマン達が揃いに揃ってアンケートをやろうとするのは
「向上心の現れ」だと僕は思うんです。


るバンドは演奏後客席中を回り

アンケートを配って書いてもらいました。

僕の知り合いのバンドなのですが
彼らはあまり成果を出せなかった雰囲気でした。 


 

アンケートの回答は

「良い演奏だった」


「ギターがカッコ良かった」


2曲目が良かった」

 

など具体的すぎる答えしか書いてありませんでした。



 

これでは改善点がまったく見つからず

「あーここを褒められたから残しておこう」

程度ですね。

正直「意味がない」です。


ぜ具体的すぎる答えしかお客さんは

書かなかったのでしょう?


 アナタも対バンからアンケートをもらった時
「スラスラ意見」を書けましたか?

かなり考えたと思います。

  

しっかりアンケートを書いてもらうには相手に


「しっかり書かないとリスクが起きるようにしなければ」 


適当に書くだけです。


 

の他人のバンド演奏を観て 

「ここはこうがいい!!ここは好きじゃない!」

という意見は思い浮かびません。

興味がさほどないからです。

 


 

せっかくのバンドとバンドの転換中に 

雑談ができるのにアンケートを

 

書く暇なんて相手にはないんです。

 


  なので「〇〇が良かった」程度の答えしか想い浮かばないんです。


なので

「相手にリスクを与えましょう」

 


  

お客さんの要望に応えるのには

「正解の答えをそのまま出す」

事なのでかなり集客に影響します。 


 

アンケートをしっかりしないと

自分達の価値観や視線でしか

自分達を評価できず

いずれ改善点も消えてしまいます。

 

  

外部からの意見はとても大事で財産なんです。

 

その財産を見失わないためにも

これから言う事をとく聞いて下さい。

 




 

 

アンケートは出さないで近くに置いておいて

ボックスに入れてもらう形式にして下さい。


それよりお客さんと話す事に重点を置いて下さい。

 

アンケートは全員に書かれなくていいです。

100人に1人でもいいので

「相手から書くという意思が出るのを待って

相手からアクションが起こるのをひたすら待ちます」

 


相手から動くという事は

 

「責任」

「キッカケ」

「自主的」


というモノを与える事になります。

 

 

そうする事で

「本当に思ってる事」「やってほしい事」

がしっかり書いてもらえます。

   

人は

「自分で行動した事に責任を持ち、宿命を感じる」

と心理学で言われています。

 

そのアンケートの答えは財産だと思って、

優先的に応えてあげて下さい。


 

そうする事で書いた人は次回観た時、

 「自分の意見を行動してくれるバンド」

と感じ、重要感を感じてもらえます。  


 

なんだか自分がバンドの一員になったような

 

自分も一緒に頑張ってるような気持ちになり

 

確実にアナタのバンドに想いが入り込んでいるでしょう。

 




 

固定ファンは一枚の紙からでも作れます。

 




 

からアンケート用紙を用意しましょう。

 

これを100枚プリントして、東急ハンズなどで


ボックスを買って次のライブで放置しておきましょう。


かならず実行に移して下さい。



「成功するバンドはなんでも挑戦します」




お疲れ様でした!


今回もここまで読んで頂きありがとうございました!