警告!「なぜ、お客さんはドタキャンするのか?」

うも!

 

ライブ集客コンサルタントリョウです。

 

 

今回は「なぜお客さんはドタキャンするのか?」です。

 

 

 

かなりこういった経験あると思います。

 

 

「せっかく今日のライブは10人くると思ったのに、

3人にドタキャンされた・・・」

 

 

 

この記事を読むことによって、

ドタキャンされる可能性は格段に低くなります。

 

お客さんの心理を知ることができて立派なエンターテイナーになれます。

 

純粋なファンを掴むことが可能になります。

 

逆にこの記事を読まないと、

またお客さんにドタキャンされてその日のライブのモチベーションが

下がってしまいます。

 

そうなると演奏にも金銭的にも大きく影響しますよね?

 

なのでこの記事を絶対に読み通してほいいです。

 

 

 

僕もよくドタキャンされてました。

 

100人誘って50人ドタキャンされたなんてこともあります。

だからこそ、学んだ経験があります。

 

 

 

 

ドタキャンされる最大の理由とは、

 

 

 

 

売り込みすぎて、すでに来ないと思っている人までも

「うん」と無理やり言わせてしまっています。

 

 

これはまったく悪い事でもなく、一生懸命やっている証なのですが、

あまり強く押しすぎると人間は(特に日本人)嫌と言えなくなります。

 

 

 

 

なのでどうするべきか・・・

 

 

 

考えを少し変えればいいんです。

 

 

映画館のように、

 

「来たい人は来て

来たくない人は無理しないで」

 

 

映画は、上映の後、DVD発売とレンタルや有料ネット視聴がありますよね?

 

 

 

あなたはわかっていたと思いますが

もう一度考えてみてほしいです。

 

 

 

すぐ、

紙とペンを用意してください。

 

 

次に

「映画館のように堂々と待ってれば良い」

とメモって机などいつも見えるとこに貼ってください。

 

 

そうすることで、

器も大きくなるので純粋なファンが格段に増えるでしょう。

 

ドタキャンが減って「せっかく連取してきたのに・・・」

とモチベーションが一気に下がることはもうありません。

 

むしろ受け入れてあげれるようになって

次回来る可能性大きくなります。

 

 

 

なぜなら、ここまで読んで頂いて

学ぶ姿勢がある、あなたは既に器が大きい証拠です。

 

 

 

逆にメモしないと、

またお客さんにドタキャンされてその日のライブのモチベーションが

一気に下がってしまいます。

 

 

こんな経験はもうやめましょう。

 

 

あなたの音楽活動の努力や、情熱が無駄になり損するだけ

勿体ないです。

 

 

一つ一つお客さんに対する心理を考えて、

もっともっとファンを獲得して感動を与えてください。

 

なので是非実践してほしいです。

 

 

以上です!

 

お疲れ様でした。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

その他ライブ集客に関するノウハウはコチラをクリック!⇒⇒目次